作成者別アーカイブ: イアス・ファミリースポーツクラブ

《岩井》モンテッソーリ教育、レッジョ・エミリア教育.2

最近サブスクの素晴らしさを改めて再確認した第3週目ブログ担当、岩井です!

さて、9月に2つの教育の考えを解説しました。
ポイントは【伝わり方】だと思っています。
僕も良く言ってしまう口癖?があります!

「父(母)親の言うことを聞かないと」
「先生の言うことを聞かないと」
〇〇させない、あげない、出来ないよ!

上記は【条件付き子育て】といい、大人の言うことを聞かないと、という心理状態が出来上がってしまいます。

つまり、自己肯定感が揺らいでしまいます。
自分の【価値】が大人の言うことを聞くことにすり替わってしまいます。このことを理解した上で理想の褒め方、𠮟り方を解説します。

褒めるときは【プロセス褒め】
プロセスとは努力や成長の事 結果より過程、成功、失敗は関係なし。失敗を褒める事で失敗から学ぶ、失敗=ダメな事にしない

そして、より具体的に褒めること。
自由回答式の質問をすることが大切です。
物事の結果のみフォーカスしたり、子供本人のみに当たる褒め方はNG。失敗したとき出来ない時にプレッシャーになったりする為
例)「〇〇君なら出来たでしょ?」「〇〇ちゃんはすごいね!」等

【叱り方のポイント】
・1【ダメ・違う】を出来るだけ使わない。

・2【努力・プロセス】を叱る
 例)お昼ご飯を食べない⇒おやつばかり食べる

・3理由をしっかり説明する
 例)栄養の偏り、大きくなれない、病気など

・4気持ちを正直に伝える。
 例)お菓子ばかり食べて病気になったら悲しい

子供は1人の人間で感情も考えも持っている為【否定】はNG。良い方法、プロセスを教えるつもりで話す。

最後に子供に対するメッセージ

・1行動 起こったことを全て話す。
 例)昼食を食べずおやつを食べた

・2感情 どう思ったのか伝える。
 例)せっかく作ったご飯を食べて貰えず悲しい

・3影響 どうなるのか教える。
 例)病気になってしまうかもしれない

・4提案 質問しながら一緒に考える
 例)ご飯を食べれる環境づくり(一緒に作る等)

皆さんも【親】を経験するのは初めてで初挑戦です。
色々な事で悩むことも沢山あるかと思います。
しかし親になる前、誰もが子供時代を経験してきた筈です!
難しく考えず完璧な親を目指さず大丈夫だと僕は思います!
親がロールモデルとなり間違えて、謝って、頑張っている姿見せる。一緒に成長できる子育てを。

※モンテッソーリ、レッジョ・エミリア教育が100%正しいと言えるものではありません。1つの考え方の提案として参考にして下さい。

以上

 

 

《市川》全日本選手権報告&選手コースメンバー紹介.5

10月1日(金)~3日(日)、大阪の熊取町立総合体育館で
「第58回全日本トランポリン競技選手権大会」が開催されました。

今大会は日本で1番大きい大会で、予選を勝ち抜いた男女各65名のみが出場する権利を獲得できます。

結果は10本通せたものの、満足できる演技ができませんでした。
今回の反省を生かしてまた出直したいと思います。

自分の演技動画もあるので是非観てください!!

 

《 選手コース メンバー紹介 》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〚名前〛川野 智弘(カワノ チヒロ)選手
〚年齢〛11才 6年生
〚トランポリン始めた年齢〛5才

〚好きな食べ物〛ステーキ
〚好きな教科〛社会
〚得意技 or 好きな技〛レイアウト(伸身後方宙返り)
〚今後の目標・意気込み〛大会で練習よりも良い演技をする

 

《福井》焦らず、急がず、諦めず、、、

私事、ゴルフを本格的に始めてこの夏で1年が経過しました。

ゴルフのラウンドは今までは年に1回か、2年に1回程度のお付き合いでコンペに参加する程度でした。しかもラウンド毎回ほぼほぼ、ぶっつけ本番な感じです。

昨夏のコンペのひどい成績とスコアを受けて心機一転!

「本気でやってみよう~」と一念発起。

冬の寒さに負けず練習場通い、夏の暑さにも負けずラウンド、大たたきしたスコアに心折れることなく、ひたすら自分を信じて進んで来ました。

その甲斐あってか、先月末に参加した地元恩師と同窓生との定例コンペで見事に優勝を果たしました。優勝は狙ってはいませんでしたが(笑)

常日頃、トランポリンのコーチングで選手に厳しく指導している自分をゴルフに重ね合わせ、焦らず、急がず、諦めずにゴルフと向きあった結果だろうと思います。

何事につけ「優勝」の言葉の響き、、、良いですね~(笑)

次回はグロスベストを更新できるよう「焦らず、急がず、諦めず」ですね。

 

イアスFSC選手コース監督:福井 直哉

【10月の目標】イアスの6つの約束

10月の目標
-----------
『 止まって話を聞く
 』
-----------

いよいよ10月。スポーツの秋ですね!

今年も残すところ3ヶ月となりました。
そろそろ今年の振り返りが始まる頃でしょうか?
できるだけやり残すことが無いように、精一杯過ごしましょう!

そんな10月の目標は、
7月にも目標として掲げた「止まって話を聞く」です。

今月は16日よりバッジテスト会も開催予定。

先生からの説明や注意をしっかり聞くために、“〇〇しながら”ではなく、その場に止まって、“聞く姿勢”を整えましょう!

 

緊急事態宣言は解除されましたが、今後も気を抜かず、施設内・職員・生徒の万全な感染予防対策を実施してレッスンを行っていきます。

皆さま、今月もよろしくお願いいたします!

 

《丸山》スーパーキッズ第二弾!ゆいたくん

今回紹介させていただきます強者は、
現在、イアスに週1回、キッズコースに通っていただいております、4歳児の男の子ゆいたくんです。

ゆいたくんは、昨年12月に入会し、トランポリン歴はたったの9カ月。

身長も体重も大きい訳でもなく、普通サイズの4歳児ですが、なかなかの進捗にいつも『ズコッ』と驚かされる次第です。

バッジテスト2級の9本目迄をやり遂げた彼の動画をみてあげてください。

4歳児にして根性半端ではない。

《岩井》モンテッソーリ教育、レッジョ・エミリア教育

最近暑いのか、寒いのか、扇風機を回しながら布団を被って寝てしまう
第3週目ブログ担当、岩井です! 前回までの【食事編】は参考になりましたか?
今回から「教育」・「子育て」についていきたいと思います。

「モンテッソーリ教育」&「レッジョ・エミリア教育」聞いたことがあるでしょうか?
モンテッソーリ教育とはイタリアの医学博士【マリア・モンテッソーリ】考案の教育で
子供が自身の持つ「自己教育力」子供の【自発的】な動き、興味、発達段階に合わせて
環境を整え子供と環境を結びつけ成長発達を促す教育です。

レッジョ・エミリア教育とは北イタリアのレッジョ・エミリア市で発祥された教育法で
教育家ローリス・マラグッツィ氏が掲げる「100のことば」を教育理念とし
「子供の無限の可能性」を伸ばす独自メゾットを実践しているとされています。

ここで大切なのは【主体】は誰なのか?
2つの教育法はどちらも【子供が主体】になってきます。
子供に合わせて環境を変える、結びつかせる。
では?日本の教育は現在いかがでしょうか?
親が子供にどのように育って欲しいのか?どのように育てるのか?
【親主体の教育】になってはいないでしょうか?
自分が子供の時はこう育てられた。自分たちの時代は・・・自分たちの頃は・・・
お父さんは・・・お母さんは・・・ これ全部【親主体】です。
周りを意識した【常識】や【当たり前】にとらわれた教育です。しんどく無いですか?
私たちの【常識】、【当たり前】は大きく変化します。
会社では少し前、温暖化により【クールビズ】が推奨され
コロナウイルスにより【テレワーク】【在宅勤務】が始まり【YouTuber】など
動画クリエーターが職業として認知されつつあります。

自分で出来る力が求められているこの時代
単純な作業仕事は数年後AIに取られてしまうと言われています。
【自己肯定力】【創造力】【自主性】をポイントに据えて
一緒に考えていきましょう!

次回につづく

 

 

【重要】来校される全ての方へのお願い<必ずご確認ください>

平素より、当クラブの運営にご理解ご協力を賜り有難うございます。
また、日ごろの新型コロナ感染予防へのご理解とご協力に感謝謝申し上げます。

皆様ご存知のとおり、大阪府は緊急事態宣言の延長が本日よりなされました。

つきましては、更なる感染予防のご協力と対策目標に、会員の皆様方には下記のとおりご協力 をお願いする次第です。

 

< 保護者様へのご協力のお願い >

● イアス来校前にはご自宅でも健康観察(検温など)を行い、体調不良の際には 来校をお控えください。

● お子様が濃厚接触者に特定された時やPCR検査を受ける時には、速やかにイアスFSCにご連絡をください。

● 万が一、学校や園がコロナのために臨時休校になった場合など、イアスFSC への登校に不安や相談がある場合は、遠慮なくいつでも気軽にご相談ください。 また、振替レッスンの可能期間も半年間に延長措置を取らせていただいています。 ご心配な折は、併せてこちらもご利用いただければ幸いです。

 

引き続き、新型コロナ感染予防について皆様方のご理解とご協力を重ねてお願い致します。

PDF新型コロナウイルス感染予防についてのお願い[PDF]

《市川》全日本予選会

8月28日、29日に新潟県、上越市で全日本選手権大会の予選会が開催されました。

予選会は他の大会に比べ独特の雰囲気で、予選会とはいえ強者ぞろい。
いつも以上に緊張してしまいます。

やれることはやりっ切って迎えた予選会。しかし本番になると足がガクガクに、、、。

なんとか演技はやり切ったものの、
跳ぶのが精一杯であまり演技の内容は覚えていません(笑)

結果は通過し、全日本選手権の出場権獲得することが出来ました。

本選は、10月1日~3日に大阪 熊取町立総合体育館(ひまわりドーム)で開催されます。

今大会も感染症対策を徹底したうえ、無観客で行われます。
無観客試合は盛り上がりに欠けてしまいますがこの状況下で開催して頂けることに感謝し、大会が中止になり悔しい思いをしているイアスの子どもたち、他の選手たちの分も精一杯跳んできたいと思います。応援宜しくお願いいたします!!

イアスからは私と船中選手の2名が出場します。

無観客試合ですがYouTubeでのLIVE配信もあるみたいなので
お時間のある方は是非!

 

《福井》<升谷優希選手>大阪スポーツ賞を授賞しました

昨年12月に開催された『2020川崎トランポリン ジャパンオープン大会』にて、10歳以下女子の部で優勝した升谷選手が、大阪府教育委員会よりその活躍が認められ、スポーツ賞が授与される便りが届きました。

先に頂いた堺市の栄光賞の授賞と併せダブルでの授賞、おめでとうございます。

コロナ禍の中、ほとんどの大会が中止になり唯一開催された大会に感謝するとともに、今後もより一層の研鑽を積み、来るべき日の大会に向けて、悔いのないよう力を発揮していくことを期待しています。

今年度も今月中旬に予定されていた西日本大会の中止が決まり、次に参加する大会は
アゼルバイジャン:バグー市で11月に開催される第28回世界年齢別選手権大会になります。

日々の厳しい練習に耐え、感染予防にも努めて万全の体制で当日を迎えてください。
私も代表審判員として共に日本選手団に加わり、チームをサポートして参ります。

 

イアスFSC選手コース監督:福井 直哉

【9月の目標】イアスの6つの約束

9月の目標
-----------
『 レッスン終了後はすぐに帰る
 』
-----------

今年も夏が終わりいよいよ秋!スポーツの秋がやってきます!
残暑、コロナウイルスと心配事は尽きませんがイアスFSCでは9月も最大限の対策のもと営業してまいります!

そんな9月の目標は「レッスン終了後はすぐに帰る」

コロナ禍なのは勿論、
学校の課題、塾の課題、そして、自分自身の時間を大切にしてほしいという想いから、この目標に決まりました!

1分、1秒を大切に使っていきましょう!